彼女にラブレターを贈りたいけれど、どういう風に書けばいいのか分からないと悩んでいる男性も多いのではないだろうか?最近は、LINEなどで済ませてしまうことも多いが、やはり手紙の方が思いも伝わりやすく喜んでもらえる可能性も格段に高い。そこでこの記事では、彼女に贈るラブレターの書き方などについて紹介していきたいと思う。

そもそも女性はラブレターを貰うと嬉しい?

彼女へのラブレター

そもそも、女性は男性から貰うラブレターに対してどう思っているのだろうか?

  • 気持ちを伝えるなら直接言うのが一番
  • LINEで伝えても同じ

など、様々な意見があるが、多くの女性は手書きで書かれた手紙の方が、自分のために一生懸命書いてくれた手紙の方が、貰って嬉しいはずだろう。

さらに、手紙の場合は、書いてある文章だけでなく、”書いている背景”まで想像することが出来る。字を書くことが苦手で下手でも、殴り書きなのか、丁寧に書いたのかは分かる。

そして、普段からよく貰うものではないので、サプライズ感も演出できて、嬉しさも増すことだろう。とは言え、適当なことが書かれていたり、ラブレターの書き方を押さえていなかったりなどすると、失敗してしまうこともある。

なのでこれからラブレターを書こうと思っている男性は、ラブレターを書くテクニックなどを身に着けておこう。

彼女に喜ばれるラブレターの書き方

彼女へのラブレター

ここからは、本題のラブレターの書き方について紹介していきたいと思う。中止するポイントなどもあるので、ぜひ目を通してみて欲しい。

自分の言葉でしっかりと思いを伝える

手紙だからといって、無理をして難しい言葉を使ったり、難しい言い回しをしたりする必要はない。等身大の自分でありのままの気持ちを伝えることが一番大切なことだ。

手紙は形に残るものなので慎重に書きたい気持ちもあるが、何よりも気持ちを伝えることを最優先に考え、間違った頑張り方にならないように注意しよう。

いつもと同じような口調や話し方で文章を書くことによって、脳内で”あなたが喋っている姿”を再生でき、より思いが伝わるようになる。さらに、違和感なくすんなりと手紙を読むことが出来るので、その分彼女も受け入れやすくなるだろう。

ラブレターを贈る”目的”を決める

おそらく、なんとなくラブレターを贈る男性はそう多くはないだろう。

  • 日頃の感謝の気持ちを伝えたい
  • 好きという気持ちを伝えたい
  • 将来のことについて自分の気持ちを伝えたい
  • 普段は恥ずかしくて言えないことを手紙で伝えたい

などなど、手紙を渡すことには何らかの目的があるはずだ。今、目的がない場合は、まずは目的を明確にしてから手紙を書くようにしよう。

目的がないと、結論のないラブレターになってしまうケースが多く、「気持ちは伝わったけれど、結局何が言いたいのか分からない」と思われてしまうこともある。

なので、とにかく”あなたが彼女に対して伝えたいことや言いたいこと”を明確にし、それを伝えるために手紙という手段を選ぶ形にしたほうが文章も書きやすくなり、本当に言いたいことも伝わりやすくなるだろう。

ラブレターの長さは原稿用紙1枚程度がちょうどいい

ラブレターの長さは原稿用紙1枚程度(400文字)が、ちょうどいいくらいの文字数だと言われている。もちろん、400字では伝えたいことを伝えられない可能性もあるし、短くなりすぎて何を書けばいいのか分からなくなることもあるだろう。

ただ、

  • ダラダラと自分の思いを書きすぎる
  • 完結に書きすぎて短すぎる

など、過度に極端な文字数の場合は、読み応えがなくなってしまったり、読むのに時間がかかりすぎて訳が分からなくなることも珍しくはない。

必ず400文字程度で書かなければいけないというわけではないが、ひとつの目安として意識してまとめるようにすると読みやすいラブレターにすることが出来るだろう。

謝ることがあれば謝る

長い間交際していると時には喧嘩をしてしまうこともある。そして、喧嘩が長引くとどちらとも誤りにくい状況になってしまうこともあるだろう。

そういった時に手紙を書く場合は、手紙でもしっかりと謝るようにしよう。謝るタイミングを逃してしまったとしても、改めて手紙で謝罪の気持ちを伝えることで、彼女にも気持ちが届きやすく仲直り出来ることだろう。

そして、その謝罪に対する改善点なども付け加えておくと、今後の安心につながるかもしれない。例えば、

  • すれ違いが原因で喧嘩→時間を作って会えるようにする
  • カッとなって酷いことを言った→喧嘩になった時でもなるべく落ち着いて話す

などなど、これからどうしていくのかも書かれているといいだろう。

愛を伝える

最後の締めくくりには、あなたの彼女に対する愛をしっかりと伝えるようにしよう。普段は「好き」や「愛してる」などと言うのが照れくさくて言えない男性もいるかもしれないが、手紙であれば伝えやすいだろう。

むしろ、普段聞き慣れていない分、言われた時の効果は計り知れない。これは手紙であっても同じことなので、最後には愛の気持ちを伝えるようにしよう。

相手にとっても自分にとってもいい経験になり思い出に残るので、とにかく手紙では恥ずかしがらないことも大切だ。

彼女に渡すラブレターの例文集