「大学生だけど彼女と同棲したい」と思っている男性も多いのではないだろうか?今現在、実家暮らしの人から一人暮らしの人まで様々だと思うが、彼女と一緒に住むことで新たな発見も出来るかもしれない。しかし、いざ同棲しようとなると、親の説得や費用など色々な問題が出てくるだろう。この記事では、大学生の同棲に関する問題の解決を手助け出来るような情報を紹介していきたいと思う。

同棲に役立つワンポイントアドバイス【部屋選び編】

どれくらいの家賃の部屋を選ぶべき?

家賃を二人で折半する場合は、二人分の収入の3割ほどの家賃を部屋を選ぶことが一般的だと言われている。例えば、

  • 彼氏:125000円
  • 彼女:125000円
  • 合計:250000円

だった場合は、250000円の3割の75000円ほどの部屋になる。

ただ、大学生の場合は、正社員ではなくアルバイトなので、月々の収入も不安定になりやすいだろう。また、彼氏と彼女の収入が同じくらいかどうかも分からない。

125000円ずつの収入があり、75000円の部屋を選んだ場合は、一人あたりの負担が32500円となり、手元に92500円に残るが、

  • 彼氏:150000円
  • 彼女:100000円
  • 合計:250000円

の場合は、彼女は手元に67500円しか残らない。そこから光熱費や食費なども折半するとなるかなり大変になるだろう。

なので、家賃の目安は3割ではなく、2割~2.5割程度にするといいかもしれない。当然、部屋の質などは落ちるが良い部屋に住むのは社会人になってからでも遅くはない。

一度、あなたと彼女の収入を足して、0.2~0.25をかけどれくらいの家賃が目安になるのか計算してみよう。

初期費用にも注目しよう

先ほども書いたが、敷金や礼金は思っている以上にお金がかかる。どちらも家賃の1ヶ月分というケースが多いが、安いところはもっと安いし、高いところはもっと高い。

また、家賃は割高になるが、家具家電付きの部屋もあるので、初期費用を抑えたいのであればそういった部屋を選ぶのも一つの手だ。ただ、長い目で見ると、家具家電は自分で揃えて少し安い部屋を選んだほうが安上がりになるパターンも多いので注意が必要だ。

さらに、免許を持っているのであれば、引越し業者に依頼せずに、自分たちで荷物を運ぶことで費用を格段に抑えることが出来る。時間と労力こそかかるもののかなり節約できるので、荷物がそれほど多くない場合は自分で済ませてしまうのもアリだ。

同棲に役立つワンポイントアドバイス【生活編】

大学生同棲

お金のルールはしっかりと決めよう

後々、お金のことで揉めないためにも、事前に支払いなどお金に関するルールはしっかりと決めておこう。

  • 折半にするのか
  • 家賃担当や食費担当など費用別に担当を決めるのか
  • 男性6割:女性4割にするのか

など、決め方はカップルそれぞれだが、どうするのかは事前に決めることを強くおすすめする。どのような振り分けにするとしても、支払い金額が分かる領収書などはとっておき、いくらずつ払うのか毎月計算しよう。

また、基本的にはどちらかの口座から引き落としか、送られてきた支払い用紙でコンビニか郵便局などで支払う形になるので、どちらが担当するのかも決めておくとスムーズに進むだろう。

毎月自分で支払いに行く場合は、コンビニなどでも支払えるとはいえ、意外と面倒な作業なので引き落としにしておいたほうが楽になるだろう。

家電は揃えたほうが安上がり

洗濯機などの家電は買わずにコインランドリーで洗濯を済まそうと考えている人も多いだろう。しかし、毎回コインランドリーに行く手間も増え、1回の料金は安いが、長い目で見ると結構な金額になる。

二人暮らしの場合の洗濯機のおすすめの用量は6~9kgだが、特にこだわりが無ければ3万円以内で買うことも出来る。コインランドリーの1回あたりの料金が300円だとして、2日に1回洗濯するペースでの料金を比較してみよう。

  • 30000円(洗濯機代)+40円(電気・水道・洗剤代)×183(1年間で洗濯する回数)=37320円
  • 300円(1回あたりのコインランドリー代)×183(1年間で洗濯する回数)=54900円

上記のように、1年間で約17000円の差が出てくる。また、次の引っ越しのときにも購入した洗濯機は持っていくことが出来るので、よほどの事情がない限り洗濯機は購入したほうがいいだろう。

冷蔵庫は、食事が外食中心なら「265~300L」、自炊中心なら「300~365L」を用意すれば問題ないだろう。

お互い、一人になれる時間や部屋を設けよう

どれだけラブラブだとしても、四六時中一緒にいるとさすがに息が詰まる。同棲しているからといって、ずっと一緒にいなければいけないわけではないので、お互いが一人になれる時間や部屋を設けることも大切になってくる。

個人のプライベート空間や時間もしっかりと作って、ゆとりのある同棲生活を送っていくことが理想的だろう。

家事の分担も忘れずに

  • どちらが食事を作るのか
  • どちらが掃除をするのか
  • どちらが洗濯をするのか

など、家事の分担もしっかりとしておきたい。お互いのアルバイトのシフトや大学の勉強などを把握した上で、助け合って家事をしていくことでより二人の仲は深まるだろう。

家事は想像以上に大変で面倒なので、どちらかに押し付けてしまうようなことはないようにしよう。

2人で問題を乗り越えて楽しい同棲生活を!

大学生同棲

初めての同棲や初めて実家を出る人は、同棲すると新しい刺激にも出会えるが、思っている以上に大変なことは多い。ただ、その苦労の先には楽しい同棲生活が待っているだろう。

得意な分野は手伝ったり、苦手な分野は手伝ってもらったりして、協力しながら生活していけることも同棲の大きなメリットなので、そういったところも楽しみながら生活していこう。