「大学生だけど彼女と同棲したい」と思っている男性も多いのではないだろうか?今現在、実家暮らしの人から一人暮らしの人まで様々だと思うが、彼女と一緒に住むことで新たな発見も出来るかもしれない。しかし、いざ同棲しようとなると、親の説得や費用など色々な問題が出てくるだろう。この記事では、大学生の同棲に関する問題の解決を手助け出来るような情報を紹介していきたいと思う。

彼女との同棲にかかる費用はどれくらい?

大学生同棲

親の説得が出来たら次に考えることは費用についてではないだろうか?住む予定の地域や生活環境などによっても変わってくるので一概には言えないので、一般的な例について紹介していきたいと思う。

後々、困らないためにも、彼女との同棲を考えている男性にはぜひチェックしておいてほしい。

毎月の生活費でかかる費用の種類は?

まずは、何にお金がかかるのかを把握しよう。

  • 家賃
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 食費
  • 携帯代
  • 交際費
  • 駐車場代(車を持っている場合)
  • インターネット(ネット回線をひく場合)

基本的に、どこに住む場合でも上記の費用は発生する。また、入居時にも敷金礼金などの初期費用が必要になる物件も多い。

まだなんとなくしか考えていない場合はでも、これだけ多くの種類にお金がかかるということは頭に入れておいたほうがいいかもしれない。

生活費の主な内訳

  • 家賃:70000円
  • 電気代:6000円
  • ガス代:4000円
  • 水道代:3000円
  • 食費:40000円(2人分)
  • 携帯代:15000円(2人分)
  • 交際費:30000円(2人分)
  • 駐車場代:3000円
  • インターネット:4000円
  • 合計:175000円
  • 1人あたり:87500円

家賃や食費、交際費などで変わってくる部分も大きいが、それ以外についてはそれほど大きな差は出ないだろう。もちろん、高い家賃の部屋に住めば一人あたりの負担は大きくなるし、安いところに住めば負担は少なくなる。

なんだかんだ、最も手っ取り早い節約は”安い部屋に住む”ことなので、安く抑えようと思えば一人あたりの負担を87500円より少なくすることは比較的簡単だ。

ただ、詳しくは次ページの「同棲に役立つワンポイントアドバイス【部屋選び編】」で紹介するが、家賃を安くすることで、どこかで我慢しなければいけないことが出てくるだろう。

あくまでも一例で住む予定の地域などによって変わってくるが、毎月発生する費用なので、ぜひ覚えておいてほしい。

引っ越しにかかる費用の種類と内訳

一人暮らしの部屋に彼女が来るのであれば引越し費用は必要ないが、新たに部屋を借りる場合は初期費用や引っ越しにもお金がかかる。基本的には、

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 引越し代
  • 家具・家電代

がかかる。敷金礼金については、家賃の1ヶ月分を前払いするケースが多いので、先ほどの例で出した家賃7万円の部屋だと、「敷金7万円+礼金7万円=14万円」が必要になる。

仲介手数料は1万円~3万円ほどのケースが多い。

これだけでも20万円弱の初期費用が必要になり、一人あたりの負担は8万円~9万円くらいだ。

とは言え、最近では敷金礼金0円、仲介手数料0円の物件も少なくはないので、初期費用を抑えたい場合は0円限定で探すのも一つの手だ。地域にもよるが、部屋へのこだわりが強くない場合は探すのにそれほど苦労はしないはずだ。

引越し代については、荷物の量などによって変わるのでかかる費用は人それぞれだ。10万円で住む人もいれば50万円近くかかる人もいる。ただ、自分達で荷物を運ぶ場合は、ガソリン代とレンタカー代(荷物を乗せる車がない場合)だけで済むので、抑えようと思えば抑えることは出来る。

そして、家具・家電については、こだわり次第だ。安いものや中古を中心に購入すれば、かなり節約することが出来る。また、実家から持っていけるものがあれば、その分の費用はかからない。

必要な家具・家電やあったら便利なものについては次ページの「同棲に役立つワンポイントアドバイス【生活編】」で紹介していく。

同棲に役立つワンポイントアドバイス【部屋選び編】

大学生同棲

どんな部屋にしようか、どれくらいの家賃の部屋にしようか、同棲前の部屋選びは結構ワクワクする。実際に不動産会社に足を運び色々な物件を見て回ると、さらに期待が高まるだろう。

しかし、実際に住んでみないと分からない部分も多い。初めての同棲ともなればなおさらだ。そこで同棲の部屋選びに役立つ情報についても紹介していきたいと思う。

おすすめの間取りは2DK!

部屋選びで初めに考えるポイントは間取りだろう。

  • ワンルーム(部屋にキッチン)
  • 1K(1部屋+キッチン)
  • 1DK(1部屋+ダイニングキッチン)
  • 1LDK(1部屋+リビング+ダイニングキッチン)
  • 2K(2部屋+キッチン)
  • 2DK(2部屋+ダイニングキッチン)
  • 2LDK(2部屋+リビング+ダイニングキッチン)

など様々なタイプがあるが、基本的には2K以上の間取りを選ぶことをおすすめする。一番のおすすめは2DKだ。

部屋は1つでいいから1Kか1DKで考えている人も多いかと思うが、一部屋しかないとかなりの確率で息が詰まる。一人になれる空間が全く無いと言っても過言ではないので、時間が経過するに連れて相手のちょっとした行動が気になってくるだろう。

ストレスから部屋を変えたり、別れてしまったりするカップルも多いので、1Kや1DKはなるべく避けたほうがいいだろう。金銭的に余裕があったり、安くて良い部屋が見つかれば2LDKを選ぶのもいいかもしれない。

壁の薄い部屋の見分け方

基本的にアパートだと隣の住人の声は聞こえると思ったほうがいい。ひどい場合だと隣の人が何時に起きて何時に家を出るかなどを把握できてしまう場合もある。

自分が聞こえるということは相手にも聞こえているはずなので、家の中でもなるべく物音を立てたり大きな声を出さないように注意して過ごさなければいけなくなる。

特に大学生だと、家に友人を呼ぶ機会も多いだろうし、アルバイトなどで夜遅くに帰宅する日も多いだろう。自宅ではゆっくりとくつろぐために下見をする際は、壁の薄さにも注目しよう。チェックするポイントは、

  • 部屋の中で声や足音などが響かないか
  • 壁をコンコンして密度が低そうではないか
  • 休日に下見に行き、隣の人の声が聞こえないか

以上のことに注意してチェックしてみるといい。

  • 声や足音が響く=壁の作りが甘い
  • 壁をコンコンして薄い感じがする=防音性が低い
  • 隣の人の声が聞こえる=自分の声も聞こえる

ということになる。壁をコンコンして薄いのか厚いのか判断できない場合は、コンコンという音が鳴れば薄い可能性が高い、カンカンという音が鳴れば大丈夫な可能性が高いということを覚えておこう。

場所はなるべく交通の便が良い場所を選ぼう

駅から近い物件やバス停から近い物件は家賃も高くなる傾向があるが、その分便利だ。交通の便が悪すぎると駅についてから自宅に着くまでに小一時間かかったりすることも珍しくはない。

車やバイク、原付きなどを持っていれば、それほど気にする必要はないが、ない場合はかなり重要になってくるだろう。

多くの物件は、

  • 駅まで○○分!
  • バス停まで○○km!

などと書かれているが、実際のところ自分で歩いてみないと分からないこともあるので、契約する前に一度交通機関を使って駅やバス停から歩いてみることをおすすめする。

出来るだけ便利な場所を選んだほうがいいのは間違いないが、家賃の関係もあるので”どれくらいの不便さ”なら妥協できるのか、事前に彼女とも話し合っておこう。

どれくらいの家賃の部屋を選ぶべき?