雰囲気イケメンになりたいけれど、意識するとぎこちなくなったり、上手くいかなくて悩んでいる人も多いのではないだろうか?意識せずに自然と雰囲気イケメンになることは難しいが、意識すればするほど変な感じになってしまうことも多い。自然に出来るようになるまでは大変だが、自然と雰囲気イケメンの立ちふるまいが出来るようになると効果は壮大なので、この記事では雰囲気イケメンの立ちふるまいについて紹介していきたいと思う。

雰囲気イケメンは立ちふるまいも大切!

雰囲気イケメン

以前の記事で、雰囲気イケメンの可能性や雰囲気イケメンになる方法について紹介したが、やはり日頃から意識していないと難しい部分も大きい。

参考

さらに、身だしなみや話し方だけでなく、日頃の立ちふるまいも大切だ。そこでここからは雰囲気イケメンの立ちふるまいについて紹介していく。

適度なレディーファースト

過度に女性を持ち上げる必要はないが、やはりモテる男性は適度なレディーファーストが出来ている。さり気なく椅子を引いたり、車のドアを開けたりなど、

  • 「やり過ぎてうっとうしい」

と思われない程度に、女性に気を使うことは大切なことだ。

レディーファーストは、”過度”と”適度”の境界線が分かりにくいところだが、女性に対し、紳士に向き合っていると自然と出来るようにはなってくるだろう。

日常生活で出来ることは、

  • 椅子をさり気なく引く
  • ドアを開けて先に女性を通す
  • エレベーターのドアを押さえたり、「開」ボタンを押す
  • 寒くなったり急に雨が降ってきたら自分が着ているコートなどを貸す
  • 重い荷物を変わりに持つ

などなど、探せばいくらでも見つかるはずだ。初めは恥ずかしくて出来ないこともあるかもしれないが、少しずつ慣れていこう。

食事のお会計を払う

人によっては、奢られるのが嫌いという女性も多いが、基本的には払うか払わないかは別として、基本的には奢るつもりで食事に行った方がいいかもしれない。

食事に行く女性がどういったタイプの女性なのかを、何気ない会話から確認することが出来れば、お会計をどうするか話し合わなくて済むことも多いだろう。

参考

最近では、

  • 仮を作りたくない
  • ふたりとも同じ学生だから
  • 持ちつ持たれつの関係がいい

など、様々な理由でお会計が折半になることも多いが、「奢るつもり」という気持ちだけでも十分なので、奢る気満々で食事に行くようにしよう。

あたふたしない

何かトラブルがあった時や問題が起こった時に、慌ててあたふたしてしまうと、女性をより不安な気持ちにさせてしまう。逆に慌てずに、一つ一つしっかりと確実に対処していくことで女性からの印象はかなり変わるだろう。

あたふたしてしまうと「頼りない」と思われるが、慌てずにしっかりと対処すると「この人と一緒なら安心」と頼られる存在になってくるはずだ。

もちろん、対処するには様々な知識と経験は必要になってくるだろう。しかし、行動を起こさなければ何一つ変わらない。初めは失敗してしまったとしても、少しずつ慣れていけば問題ないので、トラブルがあった際は率先して行動するようにしよう。

スマートな雰囲気イケメンになろう!

雰囲気イケメン

当サイトではこれまでにも何度も書いてきているが、雰囲気イケメンは意識することで誰でもなることが出来る。もちろん、簡単になれるわけではないが、筋トレと同じで努力で手に入れられることは間違いない。

日頃の立ちふるまいも意識することできっと変えることが出来るはずだ。スマートな雰囲気イケメンになるためにも出来ることから少しずつやっていこう。