女性から「いい人だね」と言われることはあるけれど、恋愛に発展することはなく、結局いい人止まりで終わってしまうことに悩んでいる男性も多いのではないだろうか?いい人=いい男と思っている人も多いが、実はいい人といい男は全くの別物。そこでこの記事では、いい人止まりの男性にありがちな特徴などについて紹介していきたいと思う。

いい人止まりは女性からこう思われている

いい人止まりの男性

まずは、いい人止まりの男性は女性からどう思われているのかについて紹介していきたいと思う。冒頭にも書いたように、いい人といい男は全くの別物。そこを理解することで、気になっている女性からどう思われているのかも自然と見えてくるのではないだろうか?

個性を感じない

いい人止まりの男性の大きな特徴として、相手のことを考えるあまり、自分の個性を殺し相手に合わせてしまうという特徴がある。もちろん、相手に合わせて物事を進めていくことも大切だが、それだけでは恋愛は成立しない。

喧嘩になることがあったとしても、お互いの意見をぶつけ合うことも大切なことだ。そして、それが出来ないいい人止まりの男性は、女性の目からは個性や特徴がないように映り、「いい人なんだけどなぁ」と思われるケースが多いようだ。

そして、個性を感じないということは、相手の印象にも残りづらくなり、はじめはあなたのことが気になっていたとしても、他の個性のある男性に目移りしてしまうこともあるだろう。優しさもひとつの個性であることは間違いないが、もう少しパンチの強い個性を見つけていったほうがいいかもしれない。

なんだか物足りない

優しさが仇となって、いい人止まりの男性には物足りなさを感じる女性も多い。もちろん、先ほども書いたが優しさも大切だ。しかし、優しいだけでは、いつかその優しさが相手の女性にとって当たり前になる日がやってくる。

そうなったら、女性はあなたから優しさは感じないだろう。

しかし、優しさを引き立たせるためにも、時には刺激を与え、女性が刺激不足にならないようにしていくと、「いい人止まりの男性に」にならなくても済む。いわゆるアメとムチというやつだ。

ムチがあるからこそ、アメの甘さを実感することが出来るが、アメばかり与えていたら女性はブクブクと太り、どんどんわがままな女性になっていく。これはお互いにとって良いことではないので、女性のためにもたまには刺激も与えていくようにしよう。

ドキドキ感がない

いい人止まりの男性だと、女性がハラハラドキドキすることは少ない。と言うのも、良くも悪くも安心感が大きいからだ。

夫婦であれば相手を心から安心させることはかなり大切だが、カップルやまだ付き合う前の段階だと、ハラハラドキドキという感情から、どんどん好きという気持ちが大きくなっていく。

しかし、女性の手を引いてどこかへ連れて行ったり、冒険心のない男性からは、ハラハラドキドキすることは珍しいだろう。これは、付き合えすいい人で終わってしまう男性の典型的な例でなので、女性に嫌われるかもしれないような行動をする勇気も必要になってくるだろう。

ギャップを感じない

ギャップは「どういう男性に魅力を感じる?」「どういった時にキュンっとなる?」というような質問に対するアンケートで、必ず上位に食い込んでくる”モテ要素”だ。

しかし、女性の意見を尊重しすぎている男性は、自分の考えや意見などを全面に出すことも少ないので、ギャップを感じさせにくい。さらに、先ほども書いたように「個性がない」ということもいい人止まりの男性の大きな特徴なので、無個性からギャップを作っていくのも難しいだろう。

友だちとしては最高だけど、恋人としては見れない

いい人止まりの男性は友だちとしては最高だけど、恋人としては見れないと思っている女性も多い。例えば、

  • 悩みを聞いてくれる友だち
  • 話を聞いてくれる友だち
  • 買い物に付き合ってくれる友だち
  • たまに送り迎えもしてくれる友だち

のように、恋愛対象の男性として付き合っていくのではなく、いい人として付き合っていくことが多いようだ。

いい人止まりの男性の特徴とは?

いい人止まりの男性

ここからは本題のいい人止まりの男性の特徴について紹介していく。

もし、あなたが「いい人とは言われるけど、その後に発展しない」ことに悩んでいるのであれば、当てはまる特徴がないかチェックしてみてほしい。

イエスマン

場の空気が壊れることや、相手の機嫌を損ねることを恐れて、自分が納得出来ないようなことで、「YES」と言ってしまう。空気を意識することも周りの意見に合わせることも大切だが、度が過ぎると先ほども書いた、全く個性の無い男性になってしまう。

さらに、自分では、

  • 場の空気を壊さないため
  • 相手の機嫌を損ねないため

など、色々なことを考えてYESと言っているが、周りからは「関心がないんだ」と思われてしまう可能性も高いので、当てはまる場合は、徐々にでもいいので自分の意見を言っていったほうがいいだろう。

押しが弱く待ちの一択

いい人止まりの男性は、積極性に欠ける傾向があり、優しさと気遣いで「ここぞという時のひと押し」が出来ないことが多い。女性も、

  • 告白されたらOKするんだけどな…
  • もう少し、押してくれれば…

と考えていることも多く、あなたからのひと押しを待っているケースもある。しかし、常に受け身で待ちの一択だと、交際まで発展することはなく、押しがあれば恋人だったかもしれないが、結局いい人止まりの男性になってしまう。

もちろん、積極的にいって失敗をすることもあるが、消極的なほうが圧倒的に損をしていることが多いので、ここぞという時は多少の無理をしてでも、押してみる勇気も必要だ。

優しすぎる

女性だけでなく、男性に対しても優しすぎる特徴もある。優しさもモテるための要素のひとつではあるが、優しさ一本でモテるようになることはかなり難しい。

むしろ、八方美人と思われ、「誰に対してもいい顔をしたい人なんだ」と感じられてしまうことも多いし、狙っている女性も「自分に気があるんだ」とは思わないだろう。

会話が面白くない

「他は良いんだけど、会話をしていても楽しくないんだよな」と思われるのも、いい人止まりの男性にありがちな特徴だ。この理由は単純で、会話の中に個性や意思を感じられないから。

どれだけ楽しい内容の会話でも、当たり障りの無い返事しか返ってこないと、会話をしていて楽しいと感じることはないだろう。会話はキャッチボールだが、これでは相手が絶対に取れるように下から投げ返しているようなものなので、楽しいキャッチボールにはならないことは簡単に想像できる。

豪速球を投げる必要はないが、最低でも上から投げるような会話のキャッチボールを意識したほうがいいだろう。

全然手を出さない

二人きりになり一線を越える機会はあったのに、全然手を出さない男性も恋人としての恋愛にまで発展することは少ない。女性が男性と二人きりになり、部屋などに密室に入る時点で既にあなたに対して気を許している。

ここで手を出さないと、「結局この人は何をしたいの?」と思われかねない。もちろん、その場の雰囲気や相手の態度などによっても手を出す下出さないかは変わってくるが、明らかに女性が誘っているような感じであるなら、手を出さないということは、あなたが女性の告白を振っているのと同じことだ。

頼みを断れない

例えば、

  • 悩みを聞いてほしい
  • 恋愛相談に乗ってほしい
  • どこどこまで送っていってほしい
  • 重たい荷物を持っていてほしい
  • 終わるまで待っててほしい

などの女性の頼みを、嫌だと思っていても断れない男性はいい人止まりなことが多い。これは、以前の記事でも書いたが、女性の頼みを全て受け入れてしまうと、いい人ではなく都合のいい男になってしまうことも多い。

ここまで行ってしまうと、恋愛対象になることが結構難しくなるので、何とか今の段階でいい人止まりから抜け出し恋愛対象に潜り込むことが大切だ。

参考

いい人に徹することでモテると思っている

この記事では、いい人はモテないと書いてきたが、もしかしたらあなたはいい人に徹することでモテるようになると思っているかもしれない。しかし、これは勘違いだ。

「いい人」という言葉は決して褒め言葉ではない。女性から「いい人だよね」と言われるということは、その裏には、

  • いい人だけど、それだけ
  • いい人だけど、刺激が足りない
  • いい人だけど、もう少しグイグイ来てほしい

というような気持ちが込められている。もちろん、いい人であることもひとつのモテの要素であることは間違いないが、それだけではダメだ。なので、どうせ目指すのであれば”いい人”ではなく”いい男”を目指してみてはどうだろうか?

いい人止まりの男性から抜け出せるかはあなた次第

いい人止まりの男性

この記事では、いい人止まりの男性が女性からどう思われているかや特徴などについて紹介してきたが、いかがだっただろうか?

いい人から抜け出すことで、思いもよらない出会いもあるし、狙っている女性の恋愛対象に入り込むことも簡単になってくる。しかし、抜け出せるかはどうかは、あなたの気持ち次第なので、本気で抜け出したいと思っている方は、少しずつでも問題ないので改善していくようにしよう。