あなたの周りにも、「あいつ格好良くないのに、どうしてあんなにモテるんだ?」と感じるような男性がいるのではないだろうか?イケメンでもない、スポーツも勉強も出来ない、お金をたくさん持っているわけでもない、でも周りにはいつも女性がいる。この記事では、そんな格好良くないのにモテる男性の特徴やモテる男の条件などについて書いていきたいと思う。

イケメンだからモテるわけではない

モテる男

よく、「モテるのには内面だけでなく顔も大事」ということを聞くが、イケメンだからといってモテるわけではない。むしろイケメンだからこそモテないこともあるだろう。そして、周りにはイケメンと言われるのにモテないことに悩んでいる男性も多い。

この理由は単純で、”モテるため要素は顔だけではないから”だ。例えば、

  • 話術
  • 相手を上手に話させるテクニック
  • スタイル
  • 経済面
  • 性格

などなど、一言でモテると言っても、何が要因でモテるかは人それぞれだ。そして、顔に重きを置いている女性もいれば、一緒にいる時の雰囲気や話している時の楽しさに重きを置いている女性もいる。

つまり、かっこいいだけではモテないということ。イケメンということは、モテるための1つの要素であり、モテるための本質ではない。さらに、イケメンであることで得をすることも多いが、損をすることも多いだろう。

と言うのも、イケメンだと女性にとって、いわゆる高嶺の花になってしまうからだ。顔やスタイルが中の中クラスの女性は「私なんかはあの人に相手にされない…」と思って、かっこいい男性を避けるだろう。しかし、イケメンでなければ「私でもいける」と思わせることが出来るので、その分ターゲットとなる女性が多い。

美女と野獣のカップルは多いが、その逆はかなり少ないのもこれが原因だと考えている。

なので、まずはイケメンだからモテる、ブサイクだからモテないという固定概念は完全に捨て去るようにしよう。そうすることで、視野も広がり、イケメンにも勝てる”モテ”を手に入れることも出来るはずだ。

ブサイクなのにモテる男の9の特徴と条件

モテる男

ここからは本題の「ブサイクなのにモテる男」について書いていこうと思う。

特徴や条件を探ることで、どうしてモテているのかが見えてくるはずなので、ぜひチェックしてみてほしい。

ブサイクであることを認めている

世間一般的に見たら、ブサイクに分類される顔だが、心のどこかでは自分のことをイケメンに思っている男性も多い。しかし、このようなプライドは恋愛においては邪魔な存在になる。

ブサイクであることを受け入れ、ネタに出来るほど振り切ると、欠点を武器をすることも出来るはずだ。そして、楽観的に捉えることで、驚くほど多くのことが上手くいきはじめることも多い。

モテない男性は、何事も悲観的に考える傾向があり、マイナスな方ばかりに考えてしまう。しかし、楽観的に考えると、視野が狭くなることもなくなり、自分を客観的に見つめることも出来る。すると自ずと伸ばしていったほうがいいところ、改善したほうがいいところが見えてくる。

以前アメトーークで放送された「ブラマヨ吉田の変愛トーーク」で、ブラックマヨネーズの吉田さんは、恋愛に興味がないモテない男性にこのような言葉を残している。

僕らね、男前に生まれ落ちていない時点で、今回の人生は補欠なんです。

補欠は補欠なりに、日々訓練、日々自分磨きを積み重ねないと、いざ試合に出た時に活躍できませんよ。

補欠として名一杯生きましょう。そして、来世、必ずレギュラーを勝ち取りましょう。

俺はイケメンだと思っていても仕方がない。イケメンでないなら何が出来るのか?と考えていくことが、僕たちブサイクの残されたたったひとつの道だ。

他人の意見を受け入れる

他人の意見を受け入れることは、モテるためだけでなく、男性からも女性からも頼られる存在になるためには必ず必要なことだ。自分の考えしか信じることが出来ず、他人の考えには聞く耳を持たないと誰からも頼られることは無いだろう。

分かりやすいところで言うと、趣味だ。例えば、「自分はゲームが好きで、毎月数万円のお金とたくさんの時間を趣味に費やしている」としよう。しかし、おしゃれが好きな女性が高い服やアクセサリーを買うことを否定するような人も多い。

服に高いお金をつぎ込むことが理解できないかもしれないが、これはゲームに興味のない人が、ゲームにお金と時間を使うことを理解できないのと同じことだ。

そのような人にゲームを否定されたらどう思うだろうか?おそらく良い気はしないと思う。これはおしゃれを否定された女性も同じなので、相手の意見や価値観を受け入れ、「この人には、この人が感じる価値がある」と思うようにすることが大切だ。

ニッチな分野でナンバーワンになっている

勉強ができて成績が学年1位だったり、仕事ができて営業成績が1位だったりすると、「1番の男」として女性からもモテる。何事も1番になるとモテる。

しかし、今からこれを目指そうとしても難しい人がほとんどなのではないだろうか?もちろん、可能性がゼロなわけではない。しかし、大きなジャンルでの1番を目指すのではなく、ニッチ(狭い分野)での1番だったらどうだろうか?

どんなことでもいいので、何で1番を目指すかを決め、その目標に向かっていくのもいいだろう。意外と1番を目指している人は少ないが、モテる男性の多くは”何か”の1番であることが多い。

例えば、いつも一緒にいる友だちの中では1番面白くなるとか、まわりにいる誰よりも恋愛映画に詳しくなるとかでもいいので、あなたなりの1番を探してみよう。

意見を押し付けない

意見を押し付けられると、参考になった、タメになったと感じることもあるが、多くの女性は自分の意見ばっかで鬱陶しいと感じることが多いようだ。そして、モテる男のほとんどは相手の意見を受け入れるようにし、自分の意見も言うけれど、相手を立てる傾向がある。

しかし、これは主張をしないということではない。食事を例に出すと、「何が食べたい?」と聞かれた時なども、自分の意見を言うけれど、無理矢理あなたの食べたいものを押し付けないというようなことだ。

意見がぶつかりあった時も、引きたくない気持ちも分かるが、先ほども書いた相手の意見を受け入れることも大切だ。どちらの意見が正しいかなんてことはどうだっていいことだ。そんなくだらないことでいつまでもぶつかり合うくらいなら、「そういう考えもあるんだ」と相手の考えを受け入れることのようがよっぽど大切になってくるだろう。

”悪い部分”ではなく”良い部分”に目を向ける

モテる男になればなるほど、「この女性が駄目だったとしても、次の女性がいる」という気持ちになるので、良い部分ではなく悪い部分ばかりに目がいってしまう傾向がある。

つまり、女性を足し算で評価していくのではなく、引き算で評価していくということだ。しかし、本当にモテる男は良い部分に目を向け、

  • だらしなさそうだけど、意外とテキパキしてるんだ
  • 不器用だけど、料理はしっかりと作れるんだ

というように、「だらしない」「不器用」ということに注目するのではなく、「テキパキしている」「料理が作れる」ということに注目し加点方式で女性を評価していっている。

悪い部分を探しだしたらキリがないが、良い部分も同じように探しだしたらかなり多く見つかるので、どうせなら良い部分を探して褒めていくようにしよう。

とにかく優しい

ブサイクなのにモテる男はとにかく優しい。

  • そこまでやる?
  • こんなによくしてくれた人は初めて

と感じるようなほど、女性に対しての優しさを持っている。そして、この優しさは、顔以外の武器を作るために徹底して意図的に取り入れている男性が多い。

初めは表面上だけの優しさだったとしても、繰り返し行っていくことで、その優しさがあなたのものになり、そしてあなたの武器になっていくことは間違いない。苦労することも多いかと思うが、グッと我慢して優しさという武器を手に入れるのもいいかもしれない。

話の引き出しが多い

話の引き出しが多く、流行りモノだけでなく色々なことを知っていると会話のネタに困ることもないし、会話が途切れた時に女性を退屈させることもない。

会話のネタ探しについては以前の記事でも書いているが、ネタを増やしていくには、徹底的なインプットが大切だ。情報はまずは入れなければ出すことは出来ないので、少しずつでも知識として入れていくことをおすすめする。

また、引き出しが多くても、その話題に持っていくテクニックがなければ宝の持ち腐れになってしまう。話題を自分が話したい方向に持っていく方法はいくつかあるが、最も簡単な方法は連想ゲームだ。

例えば、○○という話題で話していて一段落した時に、「○○と言えば△△、△△と言えば□□」といったようにどんどん連想をしていくことで、話したい話題に持っていくことが出来る。

このテクニックは、お笑い芸人の千原ジュニアさんもよく使っていて、特に「にけつ」という台本なしの番組では、よく使っているので、会話の流れを作る勉強として見てみるのもいいだろう。※動画はYouTubeで「にけつ」と検索するとたくさん出てきます。

参考

雰囲気イケメンを極めている

以前の記事で、モテるには雰囲気イケメンが最強だということを書いたが、雰囲気イケメンを極めると驚くほどモテる。簡単に極めることが出来るわけではないし、ある程度の容姿は必要だが、雰囲気イケメンを目指してみるのも一つの手だ。

雰囲気イケメンになるための具体的な方法は以下の記事にまとめているので、気になる方は目を通しておこう。

参考

格好良くないからといって諦めるのはナンセンス!あなただけの長所を作ろう

モテる男

この記事ではブサイクなのにモテる男の特徴や条件を紹介したが、いかがだっただろうか?

何度も書いてきたように、顔はモテるための1つの要因でしか無い。その他の要素を磨いていくことで、イケメンよりモテるようになることは可能だし、磨いた要素があなたにとっての最強の武器になることもあるだろう。

諦めてしまったら何も得られないので、狙っている女性を落とすためにも、日々自分を磨いていこう。

狙っている女性の特徴別の落とし方