彼女と別れたいけれど、彼女のことを考えるとなかなか別れ話を切り出すことが出来ないと悩んでいる男性も多いのだろうか?言えない理由や切り出す具体的な方法について調べる男性も多いので、困っている人も多いことが分かる。そこで子の記事では、別れの切り出し方や言えない理由などについて掘り下げていこうと思う。

彼女に「別れたい」と言えない理由

別れ言えない

冒頭にも書いたように、彼女に別れようと言えない男性は多い。検索窓に「彼女 別れたい」と検索すると「言えない」という関連キーワードも出てくるので、多くの人が検索しているのだろう。

では、なぜ言えないのか?ここからは、彼女に別れを告げることが出来ない理由について紹介していくので、当てはまるものがないかチェックしてみてほしい。

まだ未練がある

別れたいと思っているものの、心のどこかでは、まだ彼女のことが好きでこれからも一緒にやっていきたいと思っているケースも多い。今日「別れたい」と言おうと思っていても、いざ会うとやっぱり言えなかったという経験をしたこともあるのではないだろうか?

この場合は、彼女に対して未練が残っている可能性が高い。あなたの気持ちは、どちらに転んでもおかしくない状況だ。

”考え直す”のも”別れを告げる”のも、何か少しのキッカケさえあれば言い出せるので、一度じっくりと考えることも大切なのかもしれない。

彼女を傷つけたくない

別れを切り出すことで彼女が傷つくのを見たくないと思っている男性も多い。その場で泣かれてしまったり、別れを切り出されたショックで自分を追い込んでしまうのではないかと考え、別れたいと言えないこともあるだろう。

これは、かなり仲がよくラブラブなカップルだけの話だと思われがちだが、どのようなカップルにも起こり得ることだ。

他の男とくっつくのは嫌だ

彼女に対する気持ちは冷めていて、別れたいと思っているけれど、別れた後に他の男性とくっつくのは嫌だと思い、別れを切り出せない男性も多いようだ。

これについては、独占欲の強い男性に限った話だと思うが、彼女の立場に立って考えると、その行動がどれだけ迷惑かは考えなくても分かることではないだろうか。

カップルとは、お互いの気持ちがあるからこそ成立するもので、彼女は自分の”物”ではなく一人の”人”なので、自分の気持ちだけを優先するのは良いことではないだろう。

別れた後が怖い

メンヘラの彼女を持っている男性に多いが、別れた後のストーカー行為や自傷行為が怖いという男性も多いようだ。また、最近では、女性から男性に対するDVも増えてきているので、別れを切り出す勇気を持てないという男性も多い。

このようなことを考えると、別れるより無理をしてでも付き合っていたほうが楽と考える人もいて、相手から別れを切り出してくるまで待つという答えを出す男性も少なくはないようだ。

別れを切り出せない男性は多い

別れ言えない

別れを切り出す際に、男性か女性かで別れの切り出し方は全く傾向が違う。よく言われることは、

  • 男性は徐々に
  • 女性はバッサリ

ということだ。

男性は”冷めた”アピールをしていく