彼女を抱きしめる時に、ぎこちなくなってしまう…好きという気持ちが強すぎてとにかく力強く抱きしめてしまう…どうやって抱きしめていいのか分からないと悩んでいる男性も多いのではないだろうか?”抱きしめる”と一言で言っても、抱きしめ方の種類は様々。そこで子の記事では、画像と合わせて彼女の上手い抱きしめ方を紹介していきたいと思う。

女性はどういう時に抱きしめられると嬉しい?

抱きしめ方

そもそも女性は、どういう時に抱きしめられると嬉しかったり、キュンっとしたりするのだろうか?同じ抱きしめ方でも、女性の気持ち次第で、良い抱きしめ方にもなるし、悪い抱きしめ方にもなる。

そこでまずは、女性はどのような時に抱きしめられたいと思っているのかについて紹介していきたいと思う。

デートが終わった時

デートが終わり、お互いに自宅に帰る時には抱きしめてほしいと思っている女性はかなり多い。別れ際に、ギュッと抱きしめることで、その日のデートを”良いデート”で締めくくることが出来るだろう。

また、次回のデートへの楽しみにもつなげることが出来るので、デート後の抱きしめを怠らないカップルは長続きする傾向もあるようだ。

寒くて人肌が恋しい時

寒い季節は特に人肌が恋しくなる。

そんな時には、彼氏に抱きしめてほしいと思う女性も多く、冬場で汗もかかないので余計な心配をする必要もない。逆に、夏の炎天下だと、

  • 肌が汗でベタベタしている…
  • 汗臭いかも…

などなど、冬では心配する必要のないことを気にしなければならないので、夏よりは冬の方が「抱きしめてほしい」と思う回数は多いようだ。

久しぶりに会った時

お互いの時間が合わずに、なかなか会うことが出来ていなかった場合も、「会ったらギュッと抱きしめてほしい」と思っていることが多い。男性側も「会ったらギュッと抱きしめたい」と思っていることが多いので、久しぶりに会って抱きしめるとお互いの気持ちが満足するだろう。

勉強や仕事を頑張ったご褒美

勉強や仕事を頑張ったご褒美として、抱きしめて頭をポンポンと叩いてほしいと思っている女性も多いよう。また、「よくがんばったね」など、一言そえて抱きしめることでより一層嬉しく感じるはずだ。

好きな人に頑張ったことを評価されるのは嬉しいことなので、褒めることも大切であるということも覚えておこう。

SEXの後

SEXの後、いわゆるピロートークの時に抱きしめてほしいと感じている女性は多い。

  • すぐにシャワーを浴びたい
  • タバコを吸いたい
  • 賢者タイムでそれどころではない

など、色々な気持ちもあるが、やはり終わった後に抱きしめることは大切だ。もちろんピロートークの内容にも同じことが言えるが、抱きしめることで安心感も与えることが出来るだろう。

参考

画像で学ぶ彼女の上手い抱きしめ方

ここからは本題の彼女の上手い抱きしめ方を紹介していきたいと思う。抱きしめ方がワンパターンだという男性は、ぜひ参考にしてみてほしい。

軽く背中に手を回す基本パターン

抱きしめ方

背中に優しく手を回しそっと抱きしめる基本の抱きしめ方。

基本となるパターンで、ドラマや映画などでもこの抱きしめ方を見ることが多いので、女性もこの抱きしめ方が理想と答える人が多いようだ。

このパターンがおすすめの状況

  • デートの序盤
  • 出かける前の軽い抱きしめ

腰やお尻辺りに手を回す

抱きしめ方

背中より手を回す位置が低くなり、腰やお尻付近に近づくほど、お互いの気持ちは高まる。さらに、背中に手を回している時と比べると、密着度が高くなる。

このパターンがおすすめの状況

  • ベッドインに持ち込みたい時
  • 女性の気持ちを高めたい時

首や頭に手を回す

抱きしめ方

彼女の身長が低く、身長差が大きいカップルに多い抱きしめ方。

抱きしめると同時に、頭をポンポンとすることで、キュンっとする女性も多いので、特に身長差の大きいカップルにおすすめの抱きしめ方だ。

このパターンがおすすめの状況

  • 彼女の身長が低く、自分の身長が高い
  • 彼女のことを褒めてあげたい
  • 彼女が仕事や勉強などを頑張った時

後ろからギュッと抱きしめる

抱きしめ方

これはもう必殺技に近い抱きしめ方。

「キュンっとする抱きしめ方」のようなランキングでも必ず上位に入っていて、後ろから抱きしめられるのが好きだという女性もかなり多い。

また、後ろから抱きついても受け入れてくれるということは、自分に心を許している証拠にもなるので、カップルとして良い関係を築けている証拠にもなるだろう。

このパターンがおすすめの状況

  • 彼女のことを守りたいと感じた時
  • 彼女が前にいてすきがある時
  • 彼女を驚かせたい時

前から力強く抱きしめる

抱きしめ方

前からギュッと力強く抱きしめる抱きしめ方。

”痛い”と感じない程度に加減する必要はあるが、力を調整できるのであれば、愛情が伝わる良い抱きしめ方になるだろう。

このパターンがおすすめの状況

  • とにかく愛を伝えたい時
  • 久しぶりに会った時
  • デート後に帰したくない時

”抱きしめる”は最高のスキンシップ

抱きしめ方

抱きしめるという行為は、カップルであれば簡単に行うことのできる行為だが、この行為を怠ると二人の仲に亀裂が入ってくるケースも多い。

しかし、日頃からスキンシップをとり、いくつかのパターンの抱きしめ方を使っていくことで、彼女との仲はより深いものになるだろう。また、お互いのこともより深く理解できるようになってくるので、無意味な喧嘩なども減るかもしれない。