同棲している彼女と別れることになってけれど、荷物や家具はどうすればいい?と悩んでいる男性も多いのではないだろうか?また、彼女が家を出ていったけれど荷物は置いたまま…この荷物はどうすれば?と思っている男性も多いかと思う。そこでこの記事では、カップルの同棲解消後の荷物や家具の処理について紹介していきたいと思う

二人で買った家具や家電なら話し合う

同棲の荷物

特に家具や家電に多いが、同棲を始める際に、二人でお金を出し合って生活に必要な物を買うことは多い。例えば、

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • ソファー
  • ベッド

などなど。これらは、どちらかの荷物ではなく二人の荷物となるので、同棲解消後の扱い方に困るケースも多い。

なので、同棲解消後には二人の荷物はどうするのかを話し合ったほうがスムーズにことが進むだろう。ここからは、二人の荷物の扱い方を紹介していくので、どうするか迷っている人は参考にしてみてほしい。

ケース1:家に残る方が貰う

おそらくこの処理が一般的ではないかと思う。家に残る方が貰うことで、引っ越し費用や家具や家電を運ぶ手間を省くことが出来るので、多くのカップルはこの方法をとっているようだ。

もちろん、二人で買ったものなので相手の納得が必要だが、基本はこの形と考えても問題ないだろう。

ケース2:出ていく方が全て持っていく

逆に、家を出て行く方が全ての家具や家電を持っていくケースもあるようだ。これは、相手の引っ越しの手間や初期費用を抑えるためなど目的は様々だが、こういったケースもあるということは頭に入れておいたほうがいいかもしれない。

ケース3:均等に分ける

例えば、

  • 自分は家電
  • 相手は家具

など、持っていく荷物と置いていく荷物を分けるケースも多い。こうすることで、荷物のことで揉める可能性も低く、最後は円満に別れることが出来る可能性が高くなる

ケース4:全て処分する

  • 二人で買ったものは二人の思い出の品
  • 二人で使っていたものは二人の思い出の品

ということで、別れをキッカケに全て処分するカップルも多いようだ。処分と言っても、

  • 捨てる
  • 友人に譲る
  • リサイクルショップに買い取ってもらう

などなど、処分方法は様々なので、そのあたりについても話し合う必要が出てくるだろう。

お互いの荷物の処理方法

同棲の荷物

ここからは、お互いの荷物の処理方法について紹介していきたいと思う。自分が出ていく場合と、相手が出ていく場合の2パターン紹介しているので、どちらのパターンにも対応できるようになるかと思う。

自分が出ていく場合は、荷物の整理は速やかに

自分が出ていき、すでに転居先が決まっている場合は、なるべく早めに荷物を整理し潔く出ていくことも大切だ。

自分が別れを切り出した場合でも、相手が別れを切り出した場合でも、別れを切り出したほうはそれ相応の覚悟を持って切り出しているだろう。同棲している場合ならなおさらだ。

なので、転居先が決まった時点で家を出れるように速やかに荷物をまとめよう。そして、家に残る相手に余計な処理を残さないため、自分の荷物は全て持っていくことが大切だ。

相手が荷物を置いていった場合は、しばらく様子を見る

相手が出ていく場合は、荷物を忘れていくこともあるかもしれない。また、その荷物は未練の表れということもある。

なので、基本的には相手が荷物を忘れていった場合は、すぐに捨ててしまうのではなく、しばらく相手からの連絡や取りに来ないかどうか様子を見たほうがいいだろう。

しかし、別れたのに相手の荷物が残っていることに違和感などを感じる場合もあるかと思う。そういった場合には、自分から荷物を取りに来るように電話をしたり、直接渡しに行ったり、郵送したりするなど、早めに荷物を処理してしまうのも一つの手だ。

同棲カップルの別れは話し合うこともたくさんある

同棲の荷物

以前の記事でも書いたが、同棲しているカップルの別れは別々に住んでいるカップルよりも話し合わなければならないことがたくさんある。

  • どちらが家に残るのか
  • 荷物はどうするのか
  • いつ家を出ていくのか

など、別れを決意してもその先には問題が山積みだ。これらを解決していかなければならないので大変だが、その期間にもう一度考え直すことも出来るかもしれない。

そういった意味では、同棲という普通のカップルよりも一歩踏み込んだ恋愛をしているカップルにとっては、この問題を解決するための話し合いは必要な期間なのだろう。

参考